長友の食事術
スポンサーリンク

2019年8月23日(金)に金スマで放送された『サッカー日本代表の長友選手の食事術』がたった1ヵ月体が10歳若返ると話題になっています。

いつもの食事をちょっと工夫するだけで、誰でも簡単に長友選手と同じように若々しい体に生まれ変わることができてしまいます。

とくに効果があるのは、肌荒れ・冷え性改善・疲労回復効果です。

今回は、長友流食事術(ファットアダプト食事法)の3つのポイントとやり方や効果を紹介します。

 

 

金スマで話題の長友流の食事術(ファットアダプト食事法)は誰でもできる究極の若返り法だった!


金スマで放送され話題となった長友流の食事術(ファットアダプト食事法)は、自宅で誰でもできる究極の若返り法でした。

普段の食生活をほんの少しだけ見直すだけで、たった1ヶ月であなたの体が中から10歳若返ってしまいます。

誰でも簡単に自宅でできる方法ばかりなので、ぜひ今日の食事から取り入れてみて下さいね。

 

 

長友流の食事術(ファットアダプト食事法)では良質な油をとり体の細胞を若返らせる

人間の細胞膜を包んでいるのはじつは油です。

体の中から油が不足してくると、乾いた砂漠のような状態になってしまい細胞が劣化していってしまいます。

これを防ぐために、長友流の食事術(ファットアダプト食事法)では、良質な油を食べることで体の細胞を若々しい状態に保ちます。

良質な油とは、酸化していない新鮮な油のこと。

揚げ物を何度も同じ油で揚げるなどはNG、できるだけ1回の料理で使い切るようにしましょう。

とくに、納豆のタレのかわりにオリーブオイルを入れる『オリーブオイル納豆』はすぐに試せるので取り入れてみましょう。

長友流食事術(ファットアダプト食事法)でのおすすめの油
☑アマニ油
☑オリーブオイル
☑エゴマ油

長友流の食事術(ファットアダプト食事法)ではたんぱく質で筋肉が若返りスタイルも良くなる

筋肉はたんぱく質から作られています。

歳とともに減少する筋肉は、若い頃のように維持するのは大変です。

そこで、長友流食事術(ファットアダプト食事法)では5大たんぱく質とよばれる栄養素を積極的にとっていきます。

5大たんぱく質とは、肉・魚・卵・乳製品・大豆の5つです。

ダイエットで食事制限してしまうと、筋肉が落ちるために逆に太りやすい体質になってしまいます。

この積極的なたんぱく質の摂取のためなら、新鮮な油ならトンカツもOK!

体重1キロに対して1~1.5gのたんぱく質が望ましいので、50㎏の体重の人であれば50~70gのたんぱく質が必要になり、牛ステーキで換算すると250gほどとなります。

 

長友流の食事術(ファットアダプト食事法)では老化の原因である糖質をコントロールする

ご飯、パン、麺などに含まれている糖質のとりすぎも、老化の原因となってしまいます。

糖質のとり過ぎは急激に血糖値を上げてしまう『糖化反応』を引き起こします。

これを防ぐために、糖質を抑えた食事を心がけましょう。

とはいえ、糖質制限の注意点は全部カットするのはNGというところ。


長友選手も、糖質を制限し過ぎた時には練習の途中からパワー不足になったと話しています。

目安としては、1食につき20~40gの糖質に抑えること。

これは、ご飯であれば茶碗半分程度にすればOKです。

そこで、糖質制限中におすすめの食材は高野豆腐です。

フードプロセッサーで細かくし小麦粉代わりにすると味も変わらないのに、なんと糖質を99%もカットできてしまうんです。

こういった置き換えをいつもの食事に取り入れていくのが、長友流食事術(ファットアダプト食事法)のポイントです。

 

金スマで話題の長友の食事術で10歳若返る方法まとめ

長友選手の食事術まとめ
☑良質な油を食べ体の細胞膜によい油を循環させる
☑たんぱく質を積極的に取り入れることで筋肉を維持する
☑糖質を極力抑え糖質をコントロールする
長友流食事術(ファットアダプト食事法)の紹介でした。
この食事法なら、たった1ヶ月で体が10歳若返ります。
とくに、肌荒れ・冷え性改善・疲労回復効果はバツグン!
難しい調理方法もありません、いつもの食事の分量や食材をちょっとだけ気にするだけで誰でも簡単にできてしまいます。
あなたも長友流食事術(ファットアダプト食事法)で、体の中からキレイになってみませんか?

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事