SIXPADとスリムパッドの違い
スポンサーリンク

マリちゃん
先輩~、家庭用EMSマシンが気になっているのですが何か違いはあるんですか?

ナナ先輩
そうね、引き締めたい部位や効果によって違いが出てくるわね
何か気になる商品があったのかしら?

マリちゃん
なるほど!じつは楽天や口コミサイトを見ていて『SIXPAD』と『スリムパッド』のどちらかを買おうと思っていたんです・・・。

ナナ先輩
うん、よい選択だわ!どちらの商品も人気だけど違いはあるのよ
じゃあ今日は『SIXPAD』と『スリムパッド』の違いを徹底解析するわね
ツライ運動や食事制限をしなくてもお腹痩せ効果が期待できると人気なのが『家庭用EMS』です。

数ある家庭用EMSの中でもとくに人気なのが
・シリーズ累計200万台突破の知名度№1『SIXPAD』
・エステ店などのプロ向けに販売されていた『スリムパッド』
の2つです。

どちらも数十万台という販売台数を誇る人気商品ですが、パッと見は同じ商品に見えてもやはり違いはあります。

美ボディーを手に入れるためとはいえ、1台数万円もするので絶対に購入失敗はしたくありませんよね?

そこで、今回はSIXPADとスリムパッドの違いを徹底解析します!

売れ筋の『お腹痩せ&足や二の腕痩せのセット商品』を例に紹介しているので、家庭用EMSの購入前には必ずチェックしておきましょう。

また、お腹痩せなどの引き締め効果とバストアップも同時にしたいなら家庭用キャビテーションマシンの#キャビスパRFコアEXなら唯一対応しています。

キャビスパにも家庭用EMS同様に引き締め効果はあるし、期間限定の値引きキャンペーンも開催中なのでこちらもぜひチェックしておきましょうね。

こちらの記事では、ヤーマンの最新家庭用キャビテーションマシン『キャビスパ360』との違いを比較していますよ。

 

SIXPADとスリムパッドの効果の1番の違いは搭載されている周波数帯域

SIXPADとスリムパッドの1番の違いは搭載されている周波数帯域です。
SIXPADは中周波に対して、スリムパッドは低~高周波をバランスよく配合しています。
EMSの周波数(Hz)とは?
☑低周波:1~1,000Hz/皮膚の抵抗を受けるためピリピリする/通電は皮下数mm
☑中周波:1,001~10,000Hz/ピンポイントの筋肉運動向き/通電は皮下数2~3cm
☑高周波:10,001Hz~以上/インナーマッスルを鍛えるのに最適/通電は皮下数15cm

マリちゃん
これだけ見るとスリムパッドの方が良いということですか?

ナナ先輩
そうね・・・ただ、最近の研究ではSIXPADの周波数(20Hz前後)の方が良いという意見もあるわ

20Hzよりも高い周波数を用いると、約60秒で、筋肉の張力が低下してしまいます。筋肉が神経生理学的な条件を満たすことができず、トレーニング効果があまり望めない状態に陥ってしまうのです。20Hzは、時間が経過しても張力を保っているため、継続して効率的なトレーニングを行えるということが結論付けられました。

20Hzの周波数がじつは脳波に近いという研究がされています。
脳波=筋肉に命令をする時の周波数のため、筋肉を効果的に動かすには最適とのこと。
私はSIXPADもスリムパッドも使ったことがあるのですが、正直使っていても違いは判りませんでした(汗)
ただ、スリムパッドの方がピリピリと痛いが次の日に筋肉痛になっていました。
おそらく低周波が筋肉の表面近くを刺激したためにピリピリと感じ、高周波でインナーマッスル(深層筋)を刺激したために筋肉痛になったのだと実感しました。
なので、この周波数帯域が2機種の最大の違いではあるのですが、これだけでは個人差があるので決め手にはならないと感じたのが正直な感想です。
では次に、SIXPADとスリムパッドの使い方の違いも紹介します。

ナナ先輩
個人的にはスリムパッドの方が合ったけど、体形や体調でも変わるかもしれないから『周波数は目安程度』にしておく方が良いと感じたわ

SIXPADとスリムパッドの使い方は同じ!利用可能時間もほぼ一緒だが充電時間は違う

SIXPADもスリムパッドも使い方は一緒です。

自分が引き締めたい場所にジェルを取り付けたマシンを貼ってスイッチON!これだけで大丈夫。

あとは全部マシンが勝手に動いてくれるので、自動的に筋トレができてしまいます。

1回の利用時間もSIXPADが約23分、スリムパッドは約20分とほぼ一緒です。

ただし、充電時間は2機種でかなり変わります。

SIXPADは5時間の充電で約30回利用できるのに対して、スリムパッドは2時間の充電で約14回の利用となっています。

ただし、どちらのマシンも1日で同じ場所のトレーニングをするのは推奨されていないので使用回数はあまり気にしなくても良いかもしれませんね。

マリちゃん
毎日使うなら、今日は腹筋の日!明日は二の腕の日!というふうに場所を変えて使うのがおすすめですね

SIXPADならやバストやヒップアップも可能!バリエーションの豊富さが魅力

スリムパッドはお腹痩せ・二の腕痩せ・脚痩せが可能ですが、SIXPADはさらに様々な部位を鍛えられるようにバリエーションが豊富です。

たとえばタレントの菜々緒さんのCMで話題になったこちらの商品。

ナナ先輩
上向き美尻を作りたい女性はこちら

 

ナナ先輩
全身を鍛えるフルセットはこちら

こんな感じで商品バリエーションの豊富さが、SIXPADが家庭用EMSで№1人気の秘密でもあるんですね。

なんと、シリーズ累計で200万台販売されているそうです。(赤ちゃんやご年配を入れても、日本人の約6人に1人がSIXPADを持っている計算・・・スゴイ!)

 

SIXPADとスリムパッドのジェルシートの違いはスリムパッドの方が安い

スリムパッドのゲルパッド

どちらの商品もジェルシート(正式な呼び方はSIXPADはジェルシート/スリムパッドはジェルパッド)が必要となります。

これは、EMSを身体に貼りつけるための商品で使用する際には絶対に必要になってくるものです。

ジェルの粘着力が使うたびに弱くなっていくので、ある程度使ったら別途購入が必要な消耗品なんです。

こちらはSIXPADよりスリムパッドのジェルの方が安く手に入ります。

ただし、汎用品で良ければどちらも安い商品が楽天やAmazonで販売されています。

動作保証も付いていますし、正直ジェルで違いは感じられなかったので汎用品の購入がおすすめです。

長く続けると意外といい値段になっちゃいますからね、節約できるところはした方が良いというのが私の考えです。

ナナ先輩
どうしても気になる人は『1度汎用品を試して気に入らなかったら正規品のみを購入するようにする』のがおすすめね
それでも細身エステに通うのを考えたらコスパは良いわけだしね

【比較表あり】SIXPADとスリムパッドの違いまとめ

特徴/商品名SIXPADスリムパッド
搭載周波数帯域と強さ中周波のみ
強さレベルは15段階
20Hz(継続したトレーニングに効果的)
低~高周波をバランスよく配合
強さレベルは15段階
コアマッスル(深層筋)の刺激向け
充電方法&利用時間5時間の充電で30回ほど2間の充電で14回ほど
ジェルの価格と使用回数の目安セットで約4,500円
30回の使用で交換が必要
セットで約3,000円(汎用品も安い)
20回の使用で交換が必要
お腹痩せ以外の引き締め効果バリエーションは業界1位
ヒップアップ特化商品や全身フルセットもある
足痩せや二の腕痩せは可能
ということで、SIXPADとスリムパッドの違いを紹介しました。
正直、ここまで紹介したうえで明確な違いはないかな?というのが本音です(汗)
個人的には本体価格もジェルパッドも安いスリムパッドで満足しています。
なぜなら、本体にあまり性能差がないなら『長く使える方が結果的にダイエット効果が高い』と私は考えているからです。
どちらのマシンも素晴らしい性能ではあるんだけど、スリムパッドを私はおすすめしています。
1ヵ月実際に使ってみた記事もあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。
使った次の日には筋肉痛で起き上がるのが大変なくらいの効果を体験できますよ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事