ほうれい線が片方だけくっきりしている場合、どのように対処すればいいのか分からず悩んでしまいますよね。

最近はマスクでほうれい線を隠せますが、食事時にマスクを外すと周りにほうれい線がばれないかドキドキしてしまいます。

そこで今回は、ほうれい線が片方だけできる理由、なかなか治せない理由を解説していきます。ほうれい線を改善する方法も紹介しますので、1日も早く消したい方は参考にしてくださいね。

ほうれい線が片方だけ深い人は日頃の習慣が原因

ほうれい線が片方だけ深いという悩みは、年齢だけでなく毎日の習慣が原因です。ほうれい線が片方だけできる人に多い習慣を3つ紹介していきます。

① 同じ方向ばかり向いて寝ていると肌が水分不足になる

 

寝ているとき、右側、左側など特定の方向を向いて寝ていませんか?枕で圧迫された頬は、摩擦で角層細胞が傷つき、水分不足になってしまいます。水分が不足して乾燥した状態は、ほうれい線ができる原因になります。
例えば左側だけにほうれい線ができている方は、左側を下にして眠っていると考えられます。

寝ている時に無意識に自分の好みの方向を向いていまいがちですが、意識してみるといいでしょう。
家族に寝ている方向が同一であれば指摘してもらう、寝返りが打てないように寝具を整えるなどの対策ができます。

② 片側で物を食べると左右の骨格や筋肉が非対称になる

 

片側だけで食事をしている場合も、ほうれい線が片側だけに出来る原因になります。片方だけで食べていると、左右の骨格や筋肉が非対称になり、ほうれい線ができることがあります。

ほうれい線が気になるときは食事の時に意識して、両方の筋肉を使うように意識してください。自分では気が付かないこともあるため、食事している自分をスマホで撮影して、観察してみることもおすすめです。

③ 頬づえをつくことで皮膚が引っ張られシワになる

 

ほおづえは、皮膚を無理やり引っ張り、しわを作ってしまうことがあります。特に乾燥している部屋や季節には、ほおづえがしわの原因に繋がる場合も。

在宅勤務になって、ついつい、ほおづえをつく習慣ができていませんか?現代人は、スマホやパソコン、テレビをみているときにほおづえをついてしまうことが多いため注意してください。

習慣化されたものを直すのには時間がかかる理由

 

人間の脳の仕組みが、習慣化されたものを直すのに時間がかかるのが原因です。脳は、自分にとって都合の悪いものを避け、心地のいいものを求めるようにできています。
習慣になっているものは、脳にとって心地のいいものとして認識されていることです。

例えばつい頬づえをついてしまう習慣がある方は、その仕草で気持ちを落ち着けているのかもしれません。

急に直そうと思っても、簡単にやめられないのが人間です。ほうれい線を直すという強い思いで、対処していくしかありません。
強い意思、ほうれい線を直そうと思う気持ちが大切です。ほうれい線の原因となる悪習慣を少しずつ解決していくようにするといいでしょう。

1日でも早くほうれい線を消したい人におすすめケア

習慣を直すには時間がかかるため、あわせてほうれい線を消すケアを実施することがおすすめです。試してみたい3つのケアをご紹介します。

 美容機器メーカー ヤーマンが開発|MediLift 3DウェアラブルEMS美顔器

MediLiftは、1回10分つけるだけで表情筋トレーニングができる3DウェアラブルEMS美顔器です。付けるだけでOKのため、忙しい人にもぴったりですね。

装着も簡単で、美顔器の扱いに慣れていない人も果的に利用できます。エステに通うと思うよりも、コスパがいい点もおすすめポイント。お家時間にさっとほうれい線対策したい人におすすめです。口コミでの評価も高く評価されていますよ。


貼って寝るだけ翌日実感|ヤーマン ニードルパッチ

ニードルパッチは、貼って寝るだけでほうれい線対策できる魅力的なアイテムです。時間がないとき、簡単にほうれい線対策したいときに便利ですよ。毎日ではなく、週末だけでOKのため、ケアが負担になる心配もいりません。

痛みもなく、貼るだけで簡単にほうれい線の対策が行えるため、ほうれい線ケア初心者も手に取りやすいでしょう。

口コミもご紹介しますね。


▽▽▽貼って寝るだけ!翌朝実感!▽▽▽

塗る美容ニードル|ヤーマン ニードルリフトクリーム

ニードルリフトクリームは名前の通り美容針の入ったクリームです。

美容成分が付いたニードルが、保湿ケアを支えてくれます。72時間後古い角質と一緒に自然に抜け落ちていくため、パッチタイプのニードルとは違い、寝ている間に剥がれる心配もパッチを外す手間もいらないのでとてもお手軽!

基本的には朝夜のスキンケアの後で使えばOKです。

 

▽▽▽塗る美容針|ニードルリフトクリーム▽▽▽

ほうれい線の左右差は習慣の意識とケアアイテムで改善できる

何気ない毎日の習慣が、ほうれい線の原因になっています。とくに片方だけにできたほうれい線は、年齢だけでなく習慣が関係しています。

習慣はすぐに直せませんが、意識することで少しずつほうれい線を消すことができるでしょう。

なるべく早くほうれい線を消したい場合は、おすすめしたケアアイテムを活用してください。ほうれい線が消えて、悩みが解決していきます。マスクの下の素顔に自信が出来て、前向きな気分になれますよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事