眉毛はどうする?マスク着用時でも目元美人になれるメイク法
スポンサーリンク

マスクメイクは、口元が見えないので目元を強調しますよね。

マスクをずっとしていると、眉毛は蒸気や汗などで落ちてきてきてしまうことがあります。

マスク着用時のメイクとマスクをしてない時の違いや「普段のメイクとどう変える必要があるか?」を詳しく解説します。

目元美人を目指して、マスクメイクや普段のメイクにも生かしてみて下さい。

 

【眉毛メイク】マスクのありorなしの違いを解説

どう違うか?何に注意すべきかをまず解説

 

マスク着用時のメイクは、肌の質感やリップの色味が見えないため、目元の印象が大切になってきます。特に眉毛は、眉尻を細くすることで横顔がすっきり見えます。

また、眉下を綺麗に整えてはっきり描くことで表情が豊かになり目元美人な印象に。

 

マスクがない時も眉毛の印象は大切ですが、マスクがないだけで肌質や口元に目線がいくので眉毛のバランスや眉毛が薄かったりしても問題ありません。

 

マスク着用時の眉毛メイクのおすすめ方法

 

①眉尻を細くなるように意識して描く。細くすることでキリッとした印象になり、横顔の印象がアップします。

 

②眉下のラインを整え、アイメイクが映えるようにする。眉下が一直線なことでアイメイクがはっきりし、目元美人に。

 

③マスク着用時は、メイクが崩れやすいのでリキッドアイブローライナーを使用する

 

眉毛アートメイクなら化粧いらずのすっぴん美人になれる

 

毎日の眉毛のメイクは大変だったりするので、手間が掛からないアートメイクもおすすめです。1回アートメイクをすれば、眉毛の落ち具合などを気にせず、またメイクの時間短縮になるので朝時間がない人にもおすすめです。

 

自分の骨格にあったデザインを提案してくれるのと、バリエーション豊かな眉デザインの中から自分の好きなバリエーションの選択が可能。

 

▽▽▽ GLOWクリニック ▽▽▽

クリニック全体が技術向上に力をいれているので、経験豊富なスタッフが納得のいく眉デザインにしてくれます。気になる人は、1度試してみて下さい。

 

まとめ

 

マスクメイクは、眉毛をきちんと整えるだけで全く印象が違います。

アイメイクだけに集中しがちですが、眉メイクでその人の印象が決まるといってもいいかもしれません。そのくらいとても重要です。

これから外出時は、マスク着用が当たり前の生活になっていきます。

マスクに合わせて、眉デザインを変えたり、アイメイクの色や質感を変えてみたりするとメイクも飽きずに楽しめます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事