炭酸パックスキンケアはエステ級におすすめ!選び方や効果的な使い方
スポンサーリンク

エステティシャンや美容家だけでなく、ハリウッドセレブたちも愛用していると話題になっているのが炭酸パックです。

美容雑誌『MAQUIA』『美的』などでも特集多数。

使用感は「エステ帰りのようなうるおい感で肌トーンがアップ」と炭酸パック経験者なら自分の肌に驚き鏡を何度も見返した人も多いはず。

炭酸パックは、最近では様々なブランドからの発売も増えてきています。

種類が増えてくると何を使ったらどんな効果があるのか、選び方もわからなくなってきますよね。

今回は、炭酸パックが使ってみたくなる種類別の選び方や、効果的な使い方について解説するので参考にしてくださいね♪

 

⇒全額返金保証付き!70,000本突破の炭酸パック

炭酸パックの美容効果とは?

炭酸パックを顔に塗るとシュワシュワとした感触が続き、肌表面がだんだんと赤くなってきます。

これは、肌の血行が良くなっている証拠です。

炭酸パックは発砲剤を混ぜることで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させ、肌に浸透しやすいので毛細血管が拡張します。

その効果のおかげで肌の血行が良くなり、新陳代謝を高めることで肌のターンオーバーを促します。

洗い上がりはさっぱりして、毛穴の汚れがすっきりした印象のアイテムです。

肌にハリツヤが出ると、メイクのノリが良くなります♪

肌表面のごわつきは、なめらかになり肌色が明るくなります。

 

炭酸パックの種類別の選び方メリット&デメリットで解説

パックには、『泡』『ジェル』『シートマスク』の3タイプがあります。

それぞれの特徴をメリット&デメリットを解説していきます。

 

マスクタイプの炭酸パックの特徴

マスクタイプは袋から出しそのまま顔に付けるだけ。

ジェルのように混ぜる手間がなく、手軽に炭酸パックを使いたい方におすすめです。

 

メリット
基本的にはマスクを付けて馴染ませスキンケアのステップを行って完了、とにかく手軽なのが特徴。
デメリット
メーカーによっては洗い流しが必要なタイプもあります。

 

ジェルタイプの炭酸パックの特徴

炭酸パックが発売された時に、最も多く知られたジェルタイプ。

効果をより感じたい人におすすめです。

 

メリット
自分で粉末をスパチュラで混ぜてパックを作るので、成分がフレッシュな状態で肌に塗ることができます。
密着力が高く、高品質なのがジェルパックタイプの特徴。
デメリット
粉末を自分で混ぜて手作りするのが必要です。
スパチュラと混ぜる時に使う容器も、使用後に一緒に洗うことになります。

 

スプレータイプの炭酸パックの特徴

プッシュするだけで泡になって出てくるので、混ぜる手間がなく、朝のメイク前に簡単にケアできます。

時間のない忙しい人におすすめで、マスクタイプより手を汚さず手軽な商品です。

 

メリット
容器をプッシュするだけで泡として出てくるので、混ぜる必要がなく手軽に使うことができます。
時間のない朝でも洗顔をするのと同じようにパックをすれば、その後のメイクのノリが良くなること間違いなしです。
デメリット
スプレー式なので、使い終わった後のゴミ捨てが必要です。
炭酸パックには主に3タイプありますが、特に種類が多いのがジェルタイプ。
ジェルタイプは美容効果が高く、肌に密着しやすいのでキメが整い、引き締まるのは特徴です。

効果的な炭酸パックの使い方

炭酸パックの効果的なやり方は、夜お風呂から上がってスキンケアの前にパックをするのがおすすめです。

 

また、朝に肌のトーンを上げたい人やメイクノリを良くしたい人は、スキンケア前に使用して肌の調子を整えるのもおすすめです。

 

何回か継続して使い続けると効果がわかるので、1週間に1回~2回ほど連続して使ってみてくださいね。

きっと、あなたもエステ級の効果を感じられるはずです♪

 

炭酸パックの効果と種類別の選び方まとめ

顔パックした後の女性

炭酸パックは「エステ帰りみたい」と口コミでも評判。

わざわざサロンに行かなくても、自宅でエステ級のスキンケアが楽しめます。

自宅で好きなことをしながら炭酸パックができるので、移動時間も省けて一石二鳥ですよね?

炭酸パックは自分の生活リズムや、なりたい肌質に合わせて選べる種類があります。

おすすめはジェルタイプですが、使う時間帯にも合わせて併用し、タイプ別に複数持っておくのも便利。

普段使っているマスクと合わせて使うことによって、肌の生まれ変わりも早めてくれるので、赤ちゃん肌をつくることも可能です。

いくつになっても肌の綺麗さはメイクをする上でも1番大切。

自分にあう商品を確実に選んでいきましょう。

 

 

⇒全額返金可能で安心お試し!エステ級の炭酸パック

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事