2020-2021年冬|マスクメイクにおすすめの眉毛の整え方5選【特徴別に紹介】

2020年-2021年、今年流行りの眉メイクは「平行眉」「ふわ眉」「アーチ眉」です。

昨年からブームが続いている「平行眉」はナチュラルで優しい印象を与えてくれ、抜け感もあるので男女の受けがいいのが魅力です。

また「ふわ眉」や「アーチ眉」などのどちらかというと数年前に流行った細い眉よりかは印象をはっきりさせる太眉のほうがブームにのっているのがわかります。

 

やはりブームにのっておしゃれやメイクを楽しみたい女性にとってはお手入れやトレンドの眉に近づけることができないという方も少なくないはずです。

 

そんな方のために、今回はお悩み別で今年トレンドの眉に近づけるように眉メイクの整え方をご紹介させていただきます。

 

マスクで目元しか見えない今だからこそ、顔のすべてが見えなくても印象UPできる眉を手に入れましょう!

太眉におすすめの整え方は自眉を活かしたカラーリング

【特徴】 

形はキレイだけど自眉が濃くてキツイ印象になりがち

【解消方法】

自眉を活かした最低限のメイクを。淡いブラウンなどの色使いでやわらかいイメージに

 

Step1 眉山に淡いブラウンのパウダーをのせる

 ・パウダーをブラシにとり、眉頭の手前から眉山付近まで、毛と毛の間を埋めるように色をのせる

 →キレイな自眉の形を活かして眉の輪郭はあえて描かず自眉の形に沿って埋める程度でOK

 

Step2 眉尻を整えるように色をのせる

 ・パウダーをブラシにとり、眉尻を細く整えるように色をのせる。

 →この時に、ブラシを立てて眉尻をなぞることでよりキレイに仕上がる

 

Step3 眉頭にパウダーをのせる

 ・やわらかいブラシに薄いブラウンのパウダーをとり。眉頭を軽くなぞるようにふわっとのせる

 

Step4 眉マスカラで眉色を調節

 ・眉マスカラを使用して自眉とカラーリングの境目をぼかして完成

 

太眉さんは自眉の形がキレイなので。できる限りそのキレイさを活かしてメイクするのがおすすめです。

自眉に淡いブラウンなどの色を足すことによって、しっかりしてて怖い印象になりがちの眉もふわっとした優しい印象になることができます。

 

▽▽▽ 眉毛ケアに♪アグロウアイズ ▽▽▽

細眉におすすめの整え方は太さを出して印象チェンジ

【特徴】
自眉が細く、アレンジが利かない
【解消方法】
眉の上下に太さを出すことによっていつもと違う印象に

 

Step1 眉山から眉尻にかけて描き始める

 ・ブラウンのアイブロウパウダーで眉全体に少し太さを足すイメージで眉山から眉尻にかけて眉の形を下描くきする。

 ・口角と目尻の延長線上に眉尻がくるように長さも足す

 

Step2 眉の上下にも太さを足し全体を清書する

 ・眉の上下に太さを出しふっくらさせる

 ・パウダーで1本1本毛を足すイメージで清書する

 →POINT 眉頭はブラウンのほうが自然なイメージになるので他の色は眉頭には足さないようにする

 

Step3 自眉とカラーの境目を馴染ませる

 ・眉マスカラをジグザグに馴染ませ乾かす

 

なかなかアレンジすることができない細眉さんはパウダーでふんわり太さを出すことでいつもと違った印象で友達や彼からの印象もUP!

 

▽▽▽ 映えるヒロイン女子に♪眉毛美容液アグロウアイズ ▽▽▽

下がり眉&困り眉におすすめの整え方は眉山を加えてデキル女へ

【特徴】
眉頭が眉山よりも高い位置にある
【解消方法】
眉山の位置を変えることで「キリッとしたデキル女」へ変身

 

Step1 眉山を決める

 ・眉頭より1〜2mm高く、黒目より外側の位置にご使用にペンシルやパウダーなどで印をつける

 ・眉山から眉尻に向け印をめがけてパウダーで自眉の上をなぞる

 →眉尻は眉頭より下がらないことがポイント

 

Step2 眉頭を描き足す

 ・眉頭の下側をパウダーで描き足す

 

Step3 仕上げのノーズシャドウ

 ・仕上げにノーズシャドウを眉頭と鼻筋をつなぐようにふわっと自然にのせる

 →目頭より下に入れないように注意

下がり眉&困り眉でお悩みの方は、眉頭の下にパウダーで描き足すことで眉の下辺が一直線になり知的な印象になるので年下の後輩や部下からも慕われる存在に。

仕上げのノーズシャドウも大事なポイントですので忘れないように!

 

▽▽▽ 眉毛ケアに♪アグロウアイズ ▽▽▽

薄い&まばら眉におすすめの整え方は丁寧にボリュームを出す

【特徴】

自眉が薄く眉メイクをしてもムラになりやすく、目元の印象が弱く見える

【解消方法】

自然なボリュームを意識して目元の印象をUP

 

Step1 理想の仕上がりの眉をイメージ

 ・理想の仕上がりの眉をイメージしてアイブロウリキッドを使用し、眉全体を1本1本毛並みに沿って影を入れるように形をつくる

 

Step2 薄いと感じるところを描き足す

 ・リキッドで描ききる前にスクリューブラシでぼかし、毛が足りないと感じる部分にはペンシルで描き足す。

 →眉頭には縦に描き足して太さを出すのがポイント

 

Step3 眉マスカラで自眉との境目を目立たなくする

 ・リキッドとペンシルで理想の眉の形になったら眉マスカラで自眉とカラーリングの境目を目立たなくする

 ・眉頭部分は鼻側に向かってとかし、色をのせて乾く前にコームでとかすて整える

 

薄い&まばら眉さんはアイブロウリキッド・ペンシル・眉マスカラを駆使して使用することで眉に自然なボリュームを出すことができます。

また、目元の印象もUPすることでマスクをしていても顔の印象がはっきりします。

 

▽▽▽ 眉毛ケアに♪アグロウアイズ ▽▽▽

左右の形が違う眉におすすめの整え方はぼかしが肝心

【特徴】

左右の眉の形を合わせようと、いかにも描いてますな眉毛になってしまいナチュラルさがなくキツイ印象になりがち

【解消方法】

しっかりとぼかすことでナチュラルな印象に。自身のある眉から描くのがポイント

 

Step1 自信のある眉から描く

 ・自信のあるほうから眉山から眉尻にかけてペンシルで描き、それに合わせて反対も眉尻の位置を合わせて描く

 ・自信のあるほうの眉を眉頭の手前から、さきほど描いた眉山につなげるようにパウダーで描き、反対側も同じように鏡を見て高さを揃えながら描く

 

Step2 眉頭を整える

 ・パウダーをとり、約70度の角度でスタンプを押すように眉頭に置き、眉尻に向かってスライドさせて色をのせる

 ・眉頭より少し狭めの幅のスクリューブラシで鼻方向に数回軽くぼかせば完成

 

左右の形が違う眉の方は、まず自信のあるほうから描き始めるのがポイント。必ず鏡を見て左右の高さを確認しながら描き進めてください。

 

▽▽▽ まゆ毛もまつ毛も!アグロウアイズでインスタ映え! ▽▽▽

自分に合った眉の整え方で気分もUP!プロの手もかりてみよう

日常生活でマスクが必須となっているいま、なかなかメイクを楽しめていない人も少なくないはず。

そんな時だからこそ、マスクをしていても印象UPできるようなメイクを楽しみたいですよね?

そんな方に向けてお悩み別の眉の整え方についてご紹介いたしました。

 

しかし、お家でもなかなかセルフケアするのは面倒だったり、失敗するのが不安でなかなか新しい方法に手を出せない方もいるのではないでしょうか?

 

そんな方は眉毛のプロにお任せしてみるというのはいかがでしょうか?

 

プロにお任せしてしまえば、カウンセリングから1人1人の顔のバランスに合った理想の眉を手に入れることができます。

施術完了から約1年半以上持続するのでケアをきちんとすれば毎朝のメイク時間も短縮できます。

セルフケアに悩んでいたらプロの手に任せるというのも1つの考えですね。

 

ぜひ理想の眉を手に入れて、マスク生活を少しでも楽しく乗り切りましょう!

 

▽▽▽ エムビューティー新宿クリニック ▽▽▽

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事