アラサー向けのほうれい線対策3選!簡単に自宅でケアする方
スポンサーリンク

30代になってほうれい線が気になる人になる人も多いはず。

ほうれい線があると顔の印象が老けて見えてしまいます。

 

スマホのカメラが間違ってインカメになっていた時、写った自分の顔にがっかりしたことはありませんか?

30代になって、たるみとほうれい線が気になるという声をよく聞きます。

1度気になりだすと「笑顔になるだけでほうれい線が深くなってしまうのではないか」と思いますよね。

自宅で簡単にできるほうれい線のケアを取り入れるだけで、ほうれい線が目立ちにくく効果を実感することでしょう。

ほうれい線対策は、早めにケアしないと老化は日々進行していきます。

最後まで見て頂ければ、ほうれい線のケアについてかなり詳しく知れますのでぜひご覧ください。

 

アラサー向けのほうれい線対策はなにが必要か解説

 

年齢を重ねていくと肌の中のコラーゲン、エラスチンが減少し肌は日々劣化していきます。

30代になると、繊維細胞の老化によってたるみが起こり、肌はどんどん重力に逆らえなくなっていきます。

 

最近は、SNSの発達によって人との関わりが少ない生活やリモートワークによる表情筋の低下がほうれい線ができてしまう原因と考えられます。

また、体質や食生活、過度なダイエットが原因でもあるため、早い人は20代からほうれい線がある人もいます。

そうした原因によることから

20代からほうれい線で悩まないためにもスキンケアはエイジングシリーズを使用して、早めのケアをしてあげましょう!

 

ほうれい線対策で重要なことは、

 

・日々のスキンケアの際に、マッサージを行うこと。

・エイジングのケアの美容液を使用すること。

・ほうれい線対策用のシートマスクを使用すること。

 

この3つの方法を詳しく解説していきます。

 

これを見れば、自宅に居ても簡単にほうれい線対策のケアができます。

ほうれい線があるだけで、気持ちが暗くなってしまう人もこれからお伝えするケアをコツコツ続けば、ハリのあるお肌になること間違いなし!

毎日、明るい気持ちで過ごしていきましょうね。

 

アラサー女子がすべき自宅で簡単にできるほうれい線対策

 

ほうれい線のケアは、意外にも家で簡単にできます。

ながら美容できるケアもあるので、参考にしてみてくださいね。

自宅で簡単にできるほうれい線マッサージ

 

1、頬骨の下(小鼻の脇)に中指をあてて押すようにマッサージをしながら筋肉を緩めていきます。

 

2、ほうれい線の上のあたりを押すようにマッサージをして、痛いと感じても1分間は続けてみましょう。

 

3日間続けてケアしてあげると、ほうれい線が目立ちにくくなり顔の血行も良くなるのでおすすめです。

アラサー向けのほうれい線対策美容液

 

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム

 

⇒ 資生堂 エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 15g

 

口元と目元に使える、部分美容液。

特に、ほうれい線が気になる人におすすめ。

乾燥せず、シワ改善の効果が高いアイテム!

レチノールが配合されているので、肌の弱い人は注意してくださいね。

 



⇒口元用のニードルパッチ【メディリフト3Dマイクロフィラー】

 

マイクロニードルパッチで直接肌にヒアルロン酸注入

 

ニードルパッチとは、ヒアルロン酸を主に美容成分を針状にしたマスクです。

針状にすることで、美容成分を角質層まで届けてくれます。

ヤーマンの「3Dマイクロフィラー」は美容雑誌VoCE、2020年度のマスク部門で第1位を獲得している口コミでも高評価の商品。

 

「3Dマイクロフィラー」の肌への浸透率は80%といわれています。

ハリ感を実感でき、ほうれい線の印象が変わり、効果を実感できます。

また乾燥からくる小じわを目立たなくしてくれるので、「3Dマイクロフィラー」を使ってケアすることによって顔全体の印象が変わってきます。

 

ケアも簡単!

週に1~2回、夜のスキンケアをしっかり馴染ませてから寝る前に張ってそのまま寝るだけで完了です。

 



⇒やさしい使用感のマイクロニードル【メディリフト3Dマイクロフィラー】

まとめ

アラサーのほうれい線対策についてお伝えしました。

今の時代は、ほうれい線のケアが自宅で簡単にできる方法がたくさんあります。

このご時世なので、自宅でケアできる方が安心ですよね。

おすすめした3つの対策は、すべて実践すると1週間後には、ほうれい線が目立ちにくくなり顔の印象が変わってきます。ぜひお試しください。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事